FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「食育に取り組む」と聞くと、

「栄養について学ばなくては」と構えてしまう人が多いようです。


もちろん、栄養バランスも大切です。

しかし「食育」は日々の実践に他なりません。

「食育」を英語に訳すと

「食=food」「育=education」と訳されがちですが、 


正しくは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「eating=食べ方」「education=

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

食育とは「食べ方の学習」です。 


まずは自らの「食べ方」を意識してみることから始めてみましょう。

ーーーーーーーー
「口から食べる」
「何を食べる」
「どう食べる」
ーーーーーーーー


全ての歯を使っているだろうか?

しっかり噛んでいるだろうか?

水分で流し込んで食べてはいないだろうか?

足の裏はしっかり床に着いているだろうか?


「意識して食べる」

これは、すぐに取り組むことができますよね。

全部の歯を使おう 

※DentalLife「食育コンテンツ」より


よく噛んで、唾液がたくさんでると

口腔環境が改善されます。

口腔環境が良くなると、全身に良い影響が現れます。


次の食事から、全部の歯を使って食べてみましょう。



スポンサーサイト
食育・噛育 | コメント:(0)
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。