FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

食育シンンポジウムにて

2017/04/24 Mon 20:56

昨日、2017年4月23日(日)は、NPO法人日本食育協会の食育シンポジウムの食育シンポジウムが有楽町よみうりホールにて開催されました。
ファイル_002 
今年度の食育シンポジウムのテーマは「食育」〜こどもたちの健康・未来のために〜

当団体の代表理事である食育ジャーナリスト砂田登志子も講演。
砂田登志子の講演テーマは「幸福は口福から:最初の1000日間と幼児教育の経済学」
ファイル_005 
(1200名収容のよみうりホールの会場)

砂田が作詞した登場曲が流れ、会場からは手拍子が響き渡り、砂田が笑顔で登壇。
終始、皆さん真剣に耳を傾け、そして笑いあり、共感、共鳴のどよめきとともに、あっという間の講演でした。

砂田の登場曲の歌詞を一部コピーしたランチマットです。
ファイル_001 
会場にて、特別価格で販売させていただきましたが、数に限りがあり、あっという間に完売してしまいました。ご購入できなかった皆さんごめんなさい。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

それでは、
今回使用したスライドから、上記の砂田登志子登壇中の写真に映し出されているスライドをクローズアップし、講演のご報告とさせていただきます。

スライドの素材は、こちらの「食育基本法(案)」の冊子です。
小泉総理 

このスライドを使用し、皆さんにお伝えしたいことは、
一国の内閣総理大臣が「食育」の重要性を訴えているという当時の事実です。

そして、この小泉純一郎氏が「食育」に目覚めるきっかけを作ったのが砂田登志子である事実をここに記録しておきます。

《食育wikipediaより》
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1988年(昭和63年)には、小泉純一郎が厚生省としては食が一番大事なのではないかと述べ、1993年に厚生省監修で『食育時代の食を考える』という著書が出版されている。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ファイル_001 
Wikipediaにも紹介されているこの書籍の著者こそ砂田登志子です。
※Wikipediaには著者の紹介はありませんのでここに掲載させていただきます。

当時、厚生省保健医療局健康増進栄養課栄養指導官の原正俊氏とのご縁もあり、
原正俊氏とともに砂田登志子が当時の厚生労働大臣小泉純一郎に食育の重要性を訴え、後に「食を考える懇談会」を企画。この書籍の出版に至りました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「食育時代の食を考える/〜はじめに〜」より
懇談会のメンバーの一人であり、国の内外で活躍されている砂田登志子さんに、アメリカリポートを中心とした最新情報を執筆していただき、また「健康づくりのための食生活指針」をはじめとする関係資料、平成元年の「食を考える懇談会」の記事を掲載いたしました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
と、原氏が冒頭で記しており、
この本は原正俊氏との共著となっています。
ファイル_000 

以上の経緯があり、
小泉純一郎氏が総理大臣就任後、2005年に食育基本法が可決しました。しかし、可決後に政権交代を繰り返し、総理大臣が6名も変わり、目指す未来は築けぬまま。可決から12年経った現在も食育庁も存在せず、食育の義務教育化にも至っていません。
(ちなみに、スポーツ庁はスポーツ基本法が平成23年に可決後、26年に設置されました。初代スポーツ庁長官に鈴木 大地(すずき だいち)が就任しました。その後、2020年のオリンピックに向けて予算も拡充されています。)

やはり、国のトップの考え方次第と言えます。

食育基本法可決に至るまで、多くの生みの苦しみがあったと砂田から聞いています。
砂田登志子をはじめとする皆さんのご尽力を無駄にはしたくありませんね。

現在は、地方自治体のトップにより、食育への予算は地域によってかなりの差があります。
下記の表の通り(石原都政時代)、残念ながら私が住む東京都は、全国でもワーストの食育予算です。これにともない栄養教諭の配置も人口の割合を考えると最下位です。
栄養教諭配置 
体育の分母である食育を重要視するトップが現れない限り、各地域、この国の未来は変わりようがないのでしょうか・・
小池都政に期待はしていますが、
国や自治体に頼ってばかりはいられません。時は刻々と過ぎています。

この時代に必要な「生き方、考え方、働き方、学び方」を学び、まずは、一人一人の意識改革が必要です。

育自活路法表紙 

昨日の講演会でも砂田が何度も訴えていた
「買い物は選挙」「お金は投票用紙」
私たちが何を選び、何を買うか(消費するか)。
売れるもの、売れないものを作り出すのも消費者です。
まずは、自分の身体に必要な食べ物、安心安全な食べ物を選ぶ力「選食力」を一人一人が身につけていきましょう。


スポンサーサイト
食育ジャーナリスト砂田登志子 | コメント:(0)
毎日#弁当の日

中学までは完全給食だった娘が、高校入学を機に、お弁当となり、
毎朝自分でお弁当を作ることになりました。
そして、この春で丸一年が過ぎ、一日も欠かさず4時45分に起床し、
毎朝お弁当を作っている娘のことをFacebookに投稿していたら、
一年分のお弁当(一部) 

多くの方から、
「どうしたらそういう子が育つの?」
という質問が多く寄せられました。

どう育ててきたか?というと・・・

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:
大げさですけど「16年に渡る食育実践のエビデンス」っと言ってお話させていただいています。
※エビデンスとは、証拠・根拠、証言、形跡などを意味する英単語 "evidence" に由来。wikipediaより

私は、実際に赤ちゃんができたと分かった時に
実践しようと決めたことがあります。

一つは、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「早寝・早起き・みんなで朝ごはん・夕ごはん」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これは、「食育の基本」と言われていますが、
実際に実践してどんな子どもが育つのか?よりも、
この時代に、これが実現できるのか?という、
ある意味「働き方改革」への挑戦でした。


そして、今日お伝えするのは、
゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,
トイレトレーニングの時期(1歳前後)から楽しく食育🎵

1歳前後から何を楽しく食育できるのか?
今回は、ここをお話したいと思います。

この月齢はちょうど、身近な人の真似をし始め、「おままごと(おかあさんゴッコ・おうちごっこ)」をやり始める時期でもあります。このタイミングから台所でできることをやらせ始めたんです。

yuka.jpg 
人参の型抜きだったり…(娘:2才)
DSC_0097 (1) 
自分の使ったお皿を洗ったり…(息子:1才10ヶ月頃)

親の真似ごと→おままごと、おうちごっこ、、、と、遊びの延長です🎵

洗ってあるお皿をしまったり、並べたり、
買ってきたものを袋から出すことや、しまうこと、
葉ものを一枚一枚はがして洗ったり、玉ねぎの皮むき、胡麻すり、
ピーラーでじゃがいも、にんじんの皮むき、、
そして、包丁で切る、材料を混ぜる・・・・等
月齢や性格、ご機嫌に応じてできることはキッチンにはたくさんあります。
(おままごとセットいらないんです。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょっと参考までに>>
今年2017年、リクルートが発信している「リビ充家族」という言葉ご存知ですか?
「リビング充実家族」の略だそうです。(詳しくは下記URLをご参照ください)
https://www.recruit-sumai.co.jp/sumai/2017_living-max.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

我が家のように絵に描いたような核家族で、近くに頼る親も住んでおらず、
夫婦共働きで都心に暮らすわけですから、部屋数いっぱい!な住まいなわけはなく(~_~;)
「リビ充家族」どころか、リビングに、+ダイニング+キッチンが付いて、
リビ充の上(?)をいくコンパクトな「LDK充実家族」(笑)

結果的に、家族で一緒に過ごす空間にキッチンがあったのは
よかったのかな〜っと思います。

私が調理している姿がいつもそばにあり、
お料理している横でお絵かきしたり、宿題をしたり、本を読んだり、遊んだり・・
お陰で知らぬ間に見よう見まねで出来るようになったことも少なくありません。

ポイントは「LDK充実家族」だったのか?(笑)

いえいえ(笑)

子どもが楽しくお手伝いに取り組むポイント、成功のポイント、
キッチンでの子育ての秘訣があるんです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+

それは!!

とにかく、
ーーーーーーーーーーーーーーー
褒める、ノセる、おだてる!!
ーーーーーーーーーーーーーーー
すんごーい!やるねぇー!さすがぁー!おぉーーー!!
じょーうず〜!たすかる〜!ありがとうー!・・・などなど・・・

振り返ると、どれほどテンションを上げてたのか私?(笑)
っと思いますが、自分も楽しんでたなぁ〜と思い出されます。
(正直、大変な時期もありましたが・・(^◇^;))


これが食で子どもを「育てる(そだてる)」に繋がっていました。
ファイル_000 (56) 
育てるをローマ字にするとSodateru」
Sをスペシャルの頭文字にすると、
スペシャルおだてる!!!

とにかく、褒めて、のせる・・

子どもは、認めてもらえたこと、役に立ててること、
必要とされていると感じ、本当に嬉しそうでした。
これを、トイレトレーニングの時期から味わう機会
作ってあげることなんです!この機会がキッチンには
たくさんあります❤️

そして、いつのまにか、
朝食のしたく、夕食のしたくは、「お手伝い」ではなく、
自然と一緒にしたくをするようになっていました。

私がいない時な二人で作ってくれます。

二人とも、好奇心旺盛な子に育ちました。
「作ってみる?」というと「やるやる!!」と二つ返事
一緒に味噌を作ったり、梅干し作りをしたり

親も楽しいんです🎵
子どもがいなかったら、家で味噌を作ったり、梅干しを作ろうとは思わなかったかもしれません。私自身も遊びの延長で楽しみ、子どものお陰で多くのことを学んでいるんだと気づきました。(育児=育自)
ファイル_006(2) ファイル_002(2)


10才の息子は味噌汁を作ったり、
ファイル_000

卵焼き作ったり
卵焼き 

冷蔵庫にあるものを見つけて、炒めて、一皿を。
 ファイル_000(7)

いつの間にかできるようになりました。

早寝早起きで、しっかり睡眠を取り、食卓を囲むことで心が満たされ、
楽しく食べることを知って育った子どもは本当に意欲的で、前向きです。
(なぜかというと、、と書きたいところですが、長くなるので、またの機会に。)

学力にも結果が出ています。

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-
こんなことを、
いつも私の講演会ではお話させていただいています。
(あら、、売り込んでる?(笑))
いえいえ・・そんなつもりはないんですけど…(~_~;)

yuuka.png 
photographer@宝肖和美

「名詞より動詞」
子育てが食育でこんなに楽になること、
「実践」することの大切さを多くの方へお伝えしていきたと思います。

もっと楽しく食育を🎵
もっと身近に食育を🎵

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
食育実践ジャーナリスト
安武郁子


食育は最良の幼児教育=育児と育自= | コメント:(0)
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。