fc2ブログ
2016年度、東京、名古屋、大阪と開催してまいりました、
歯科限定の食育セミナー
*:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*:・゜。
歯科と食育の未来
スタッフがもっと輝くために
*:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*:・゜。
が、
今年度、下記の通り《福岡・仙台》で開催することとなりました!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■福岡
日時:9月3日(日)13時〜16時(受付12時30分より)
会場:福岡国際会議場503・504
  (福岡市博多区石城2-1)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■仙台
日時:11月26日(日)13時〜16時(受付12時30分より)
会場:宮城県建設会館4F 第2・第3会議室
  (宮城県仙台市青葉区支倉町2-48)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
福岡・仙台食育セミナー 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お申し込みは、
こちらの⏩《申し込みフォーム》より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、実は!!!!
東京・名古屋・大阪では、会場の都合があり、
食育ジャーナリスト砂田登志子先生の基調講演の
講演時間が60分でした。
しかし!!今年度の福岡・仙台においては、
な、な、なんと!!90分!!
参加費は同様で、プラス30分講演時間が増えました!!

+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:
基調講演テーマ:「感じで食育」
〜学歴より食暦、食暦が職歴を育む〜
+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:
P1010211.jpg 
〈東京会場:日本外国特派員協会バンケットホールにて〉

砂田登志子のロングセラーの著書「漢字で食育」からスライドも使用し、
子どもから諸外国の大学教授たちまでも興味深く聞き入った「漢字で食育」〜
「漢字」の物語、「漢字」からのメッセージを心に深く感じとることで、
今後、院内で食育活動を行う上で、たくさんの気づきがあることでしょう。

1960年代から、デンマークで本格的に取り組まれた歯の健康教育、食育の現地取材から、
50年に渡っての砂田登志子の食育活動をライブで〜

小泉総理 
食育基本法を成立させた小泉純一郎元首相をはじめ、
今現在、全国で「食育活動」をされている多くの方が、食育ジャーナリスト砂田登志子の講演を聴き、また著書や記事を読み、「食育」に目覚めた方が少なくありません。
数多くの方へ影響を与えた、砂田登志子の講演が今ライブで聴けることは大変貴重です。

最新の情報も取り入れ、講演内容を毎回アップデートしており、
皆さんがお聴きになりたい定番の話とともに、新たなる情報も加わり
鮮度のよく、パワー溢れる講演です。
楽しい食育♬時間を是非ご一緒に〜

P1010208.jpg 
〈ぎっしりと満席の会場〉
P1010227.jpg 
セミナー終了後は、
どこの会場でも皆さん砂田登志子先生と記念撮影✨
食育オリジナルコスチューム「3タ(サンタ:たのしい・ためになる・たよりになる)」の衣装を身につけた砂田先生と写真を撮ったり、
ホワイトボードに貼られたパネルや砂田先生が書いた言葉を撮影されていました。

♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.

また、
食育実践ジャーナリストとして、
「食が選べる人は人生が選べる」と題して
私、安武郁子もお話しさせていただきます。
私の講演時間も、20分から40分となりました😆⤴︎♬
2017-04-03.png 
毎回、あっという間の20分と奮闘しておりましたが、
40分ということで、少し余裕ができて
皆さんと対話しながら進めていけそうです。

家庭においても職場においても、
食育実践に必要なことは「働き方改革」。
女性が多く活躍する歯科において、
さらに女性が働きやすく、活躍できる環境作りこそが
医院改革へと繋がっていくのではないでしょうか?
スタッフがもっと輝く医院へ食育でイノベーション✨

17年の食育実践エビデンスとともにお話しさせていただきます。

♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.

また、主催の株式会社プラネットのイノベーションチームの生田さんより
食育支援システムDentalLifeとプラネット社の食育の取り組みやさらにスマート歯科経営の実現に繋がるプラネット社のサービス等のお話しもあります。
P1010224.jpg 

なかなか、意識改革に及ぶ歯科関係者向けの研修会(勉強会)で講師が女性のみといったプログラムはあまりないように思います。
この機会に、楽しく、ためになる、頼りになる〈3タ(サンタ)〉と共に目覚め、みんなで楽しく食育を学びましょう♬

食育支援システムの食育コンテンツの制作・監修をさせていただきました
イートライトジャパンからも食育支援歯科のご案内もさせていただきます。

より良い未来へ「歯科から食育」。

福岡、仙台の会場へご参加可能なエリアの皆様、
是非会場へお越しください。
お会いできることを楽しみにしております。

♪.。+゜♪.。+゜♪.。+゜♪.。+゜♪.。+゜
食育実践ジャーナリスト 
安武 郁子




スポンサーサイト



歯科から食育 | コメント:(0)
東京に生まれ育った息子。
自然が大好き。田舎が大好き。
私は、田舎生まれだけど農業の経験は皆無。
小、中学校とクラスに家業が農業の友だちはいたけど、
農業を体験する機会はなかった、、、
田舎に住んでるからって、なかなか出来るものでもない。
東京に住み始めて、すでに30年。
帰省の度に田舎の贅沢さを感じる。
都会を知ってしまったからこそ感じる田舎の贅沢もある。
田舎の良さ、自然の価値、空気、土、景色、人、食、、、
手を加えないことの贅沢さ。
都心に住んでいると山を見る機会もない。
でも、ちょっと離れると実は田舎があった・・・
なんて贅沢なんだろう。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

今回は、そんな都会と田舎を繋いで、豊かなライフスタイルの提案と
真の豊かさを実現する団体一般社団法人INAKA PROJECTが企画した
「イナカプロジェクト 米作り」へ、息子と二人で参加してきました。
http://inakajapan.com/
0d1dd091-b1b3-424d-8dbf-cdbae167893e.jpg 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

行き先は、浦和にあるユネスコ・未来遺産に登録の「見沼たんぼ」
最寄りのバス停を降りて、現地へ向かうと、、
ヤギが出迎えてくれました〜
P1010391.jpg 

見えてきました「見沼たんぼ」
P1010392.jpg 

受付のトレーラーハウスが奥に・・
P1010396.jpg 

青空の下のトレーラーハウス
2017-06-13-3.jpg 

トレラーハウスの向こうは田園風景が広がっていました〜
2017-06-13-8.jpg 

トレーラーハウスの横では、お昼の準備が始まっていました
P1010399.jpg 

景色を見て、思わず駆け下りる息子
2017-06-13-4.jpg 

気づくと、さらに奥へ・・走り出す💨
奥に写るチョンとした白い物体が息子です(笑)
2017-06-13-5.jpg 

チョウチョ観察中・・
穏やかな時間が流れています。。。
2017-06-13-1.jpg 

トマトも元気に育っています。
P1010411.jpg 

「おーい!集合だよーー!!」
母も長靴を履いて、着替え完了!!
2017-06-13-9.jpg 

まずは、スタッフの方が田植えの絵本を読んでくれました
やっぱり、子どもは絵本が好き💚
次回はぜひ、、「食育絵本〜アタシはおこめ〜」を読んで(≧∇≦)
P1010420.jpg 

ここにいる仲間たちの紹介・・・
ワクワクがピーク🎵
P1010435.jpg 

いよいよ田植えの説明です。
P1010432.jpg 

P1010427.jpg 
お米からまっすぐのびた苗。びっしりと根。
一粒のお米のパワーってすごいね!
P1010448.jpg 

さぁー!!
いよいよ田植えです。
P1010441.jpg 

足元は「は・だ・し」
気持ちいいらしい〜(笑)
P1010453.jpg 

P1010464.jpg 
教わった通りに、苗を「えんぴつ持ち」で!
P1010467.jpg 
一束、一束、丁寧に。

真剣です。
P1010511.jpg 

ずいぶん進みました。
P1010500.jpg 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

田植え終わったら、探索!!
P1010549.jpg 

メダカやおたまじゃくし・・・いるいる🎵
同級生の友だちとも意気投合!!イイねっ👍
P1010546.jpg 


そして、お昼!!
とれたれ卵で、炊きたてご飯をいただきます!
豚汁も美味しかった!三つ葉もおいしかった〜
他にもジャガイモをスライスしたフライや梅干し・・
P1010561.jpg

青空の下で食べるご飯はまた格別でした。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

余力のある人は、、
サツマイモの根付けのお手伝い。

「やる?」と聞くと
「もちろん!」と返ってきたので、やりました。

まずは、説明を聞いて。
P1010565.jpg 

これを根付けします。
P1010570.jpg 

私もやりましたよ😅
P1010579.jpg 
P1010576.jpg 

グサッと・・。
P1010571.jpg 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
我が家の最寄駅から約1時間。
大変貴重な経験ができました。

最後はスタッフのみなさんと記念写真!
25c4858d-a00a-4925-832c-fe83459dc127.jpg 

ついでにトレーラーハウス横で二人で記念写真
65b92831-5c9a-4115-8f99-5b05fb3a9731.jpg 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
次は、雑草取りとひまわり畑の迷路?
収穫イベントもあるかな?
また、参加できることを楽しみにしています。

みなさんも、こちらお活動ぜひ検索ください。
facebook▶️ https://www.facebook.com/inakaproject/
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

2017年6月3日/
田植え体験レポートでした。

我が家の食育活動 | コメント:(0)
先日、6月10日吉祥寺にある武蔵野公会堂にて、
武蔵野市歯科医師会(会長 木村益巳氏)主催「よい歯のための集い」地域の皆さんを対象に開催されました。
この「よい歯のための集い」今年で50回を迎えるという大変記念すべき節目の年ということで、今年度の特別講演の講師は岡崎好秀先生!!!
テーマは、「口は健康のもと!」

岡崎先生 
岡崎先生の著書には日頃からお世話になっており、実際の講演を聴きたい!!と常々思っておりました。ようやく念願かない今回は息子と拝聴させていただきました。

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-
講演が終わり、10歳の息子に「何が一番印象に残った?」と尋ねると

「ロバの入れ歯」と答えました。

というわけで、本日は、
タイトルの通り「ロバの入れ歯」についてレポートさせていただきます。

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・

そのロバとは「一文字」という名のロバ。
戦時中、爆薬の運搬をしたり、処分された動物の遺体も運び、動物たちの餌を運び、と活躍し、この功績を認められ「軍功動物」として上野動物園へやってきました。
戦後は、子どもたちとふれあい、人々に癒しをくれていたそうです。
しかし、一文字は、年を取り、老齢になって歯が悪くなってしまいました。
当時27歳、人間でいえば、およそ90歳だったそうです。
一文字に残された歯は限りなく少なく、、

そんな時に事件が!!

来場者が投げたポップコーンを食べた一文字は、
小さなポップコーンを噛むことができず😱
喉につまらせて死にそうになったそうです。

 「また食べられるようにしてあげたい」っと思った動物園の人たちは、
「ロバの入れ歯」を作ってくれる歯医者さんを探しました。

ロバに入れ歯・・・
これは世界中みても前例(事例)がまったくなく、多くの歯科医の方へ声をかけたそうですが、誰も相手にしてくれなかったそうです。
そんな中、東京医科歯科大学助教授の石神健次先生という方が、名乗りを上げ、ロバの入れ歯を作ることになりました。

完成した入れ歯を装着すると、一文字は草をモグモグと食べたそうです。まったく痛がることもなく。

入れ歯作りは大成功でした。
一文字は食生活がよくなったことで、毛並みもよくなり、身体的にも精神的にも元気になって、羊のお尻に噛み付く程に(笑)活発になったそうです。

動物も人間と同じく、しっかり自分の口で、よく噛んで食べられることは健康の証ということがよくわかるお話でした。
私たちも最期の一口まで自分の口から食べたいですね。

幸福口福から・・」

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-

虫歯の洪水に育った私たち世代は、きちんとした治療を受けて、
今後自分の歯ではなくても、入れ歯や義歯を入れて、良い噛み合わせで、しっかり噛める口腔環境であることが大切ですね。
そして、現代は虫歯が減っていますが、油断せず、かかりつけの歯医者さんをもって、定期的に検診を受けることが大切です。
口腔環境が整う食生活を送れるよう、しっかり自分に必要な食べ物を選ぶ力を身につけて、よく噛んで、美味しく食べましょう。

世界初のロバの入れ歯(金歯)をつけた一文字は、剥製というカタチで上野動物園に展示されているそうです。
ろば 
写真は、「ZOOごっこ」さんのBlogより
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
後に、東京医科歯科大学助教授の石神健次先生は昭和天皇の御殿医となられたそうです。
ちなみに、岡崎先生もロバの治療にあたられたそうで、将来、天皇陛下の御殿医になられるかも・・(岡崎先生からサインもらっててよかった😁)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※最後に、武蔵野市歯科医師会の皆さまへ
この度は、貴重な講演に参加させていただきありがとうございます。
50年という年月。これほど長く、地域の皆さんへ歯科医師会の皆さんが啓蒙活動として「よい歯のための集い」を開催されていることに、吉祥寺という街は大変恵まれている地域だと感じました。
東京都武蔵野市歯科医師連盟 理事長の辰野隆先生、お世話になりました。

講演・研修等のダイジェスト(シェア) | コメント:(0)
 | ホーム |