fc2ブログ
2017年10月22日に「第12回日本の食育セミナー」が開催され
食育推進団体イートライトジャパン理事、食育実践ジャーナリストとして登壇させていただきました。
日本の食育セミナー 
会場は、渋谷区にある国立オリンピック記念青少年総合センター大ホール
P1020630.jpg
主催は、特定非営利活動法人 日本成人病予防協会
共催は、東京都
後援は、厚生労働省・文部科学省・農林水産省
以上によるものです。

今年のテーマは「身体を強める食動学」
IMG_2247.jpg

登壇させていただいたのは
第2部「温活で美と健康を高めよう」
温めるということが美と健康にどの様に役に立つのか?という内容でパネルディスカッションを行いました。
IMG_6011.jpg

IMG_2385.jpg

ご一緒にご登壇されたのは、
漢方の権威でもある渡辺賀子先生(医療法人祐基会帯山中央病院 理事長 麻布ミューズクリニック 名誉院長)
P1020671.jpg

渡邉先生は、東洋医学・漢方の世界から、
私は、食育実践ジャーナリストとして歯科から食育という見地から
一致する基本的共通項「胃腸を労り、胃腸を整える」というキーワード
内と外から温める「食事」「運動」「リラックス」についてディスカッションしました。

IMG_6034.jpg 

渡辺先生より
「自律神経を整え」「血流が高まる」というキーワードでわかりやすく、
温めることで「血流」を高めることができるという大きなメリットと
さらに自律神経も整え、リラックス効果も高めることができるというお話しがあり、
P1020695.jpg 

また、渡辺先生のお話しを受け、
日常生活における「冷え」のデメリットを私より、
(これは健康管理士一般指導員という立場で)
ーーーーーーーーーーーーーーー
「冷える」と「交感神経」が高まり続け、「自律神経」のバランスを崩すこと、
「便秘」になる理由、
ストレスがあるとなぜ「胃腸の調子が悪くなる」のか?について、、
「自律神経」のバランスの乱れ「交感神経」が高まれば 「血管は収縮」し「血流は悪くなる」。 血液が悪くなることで、お肌のターンオーバーが上手く機能しなくなる。 だから肌荒れもおこる・・というサイクル。
「不眠」も同じく「冷える」ことで「交感神経優位」の「緊張状態」と「血流 不足」で「脳が休めない」「眠れない」という状態へ
これらそれぞれが、ホルモンや代謝ともリンクし合っていて、
いずれかでも、バランスを崩すと、これらの症状につながる・・というお話しをさせていただきました。
ーーーーーーーーーーーーー
P1020697.jpg 

そして、さらに渡辺先生より
温活→「血流 UP」「リラックス」のメリット
「ホルモンの働きを整える」「代謝 UP」「免疫 UP」などのお話しがあり、P1020721.jpg
専門家の立場から、
更年期障害について、
「ホルモン」と「美容」
「代謝」と「美」
「温める」と「代謝が UP」→「美肌」
「温める」と「免疫」の因果関係 など

漢方の考え方にある、「胃腸機能を整える」 「胃腸になじませる」 という考え方から、
胃腸をいたわる事と「温活」に繋がるお話しをいただき、
2017-11-18-2.jpg

それを受けて、最後に私より
温活をテーマに胃腸を労わるっていうキーワードで
歯科から食育の見地から、
お話しをまとめ、eat right=良い食べ方 のお話しを。

「よく噛む」→「胃腸にやさしく」
2017-11-18-1.jpg P1020795.jpg


今回も使用しました食育コンテンツはこちら「魔法の唾液」
2017-11-18.jpg

「噛む」ということを中心にお話しさせていただき、
P1020697.jpg
よく噛むことで分泌する唾液の効果をしっかりとお伝えし、
噛むことを意識するだけで身体によい変化が起こること
ただし、虫歯や歯の不具合をほったらかしの方は要注意!!
「ちゃんと歯医者さんへ通うこと!」
最期の一口まで美味しく食べられる健康を目指しましょう〜
とお話しさせていただきました。

また私の講話の中での
唾液は、自分だけの、自分でしか作れないスペシャルな滋養強壮剤」っという
言葉が印象に残った方が多かったそうです。(←アンケートより)

「そんなの初めて聞きました!!」っと・・(笑)
だって、、「初めて言ったんですもの・・私」(笑)
大変好評だったので、その後の私の講演会ではこのフレーズをご紹介するようにしています。
P1020789.jpg

800名というご聴講の皆様へ「歯科から食育」がお伝えできるよい機会となりました。

この講演会の報告は
特定非営利活動法人 日本成人病予防協会のホームページ
にもございます。リンクより是非ご覧ください。
IMG_2176.jpg 
※健康管理士一般指導員・健康管理能力検定は「予防医学」の実務に役立つ資格と学び(検定)です。ご参考まで
スポンサーサイト



講演・研修等のダイジェスト(シェア) | コメント:(0)
eat right!=「良い食べ方」
良い食べ方をサポートする”イートライトサポーター”の育成

今月10月に発売された
「歯科医療スマート化 ガイドブック 2nd」
表紙 

この中でもご紹介いただいております
(「食育推進団体イートライトジャパン」のページより)
私たちは、「良い食べ方」をサポートする”イートライトサポーターの育成とネットワークづくりとともに、食育支援歯科の全国拡大を目指しています。
スマートブック1 

このご案内の通り、イートライトサポーターが始動いたします。

いよいよ、カリキュラムも煮詰ってまいりました。
イートライトサポーター 
現在の企画として、
プラネット社の東京オフィスを会場に3月より6回コースで企画。
DentalXのDX finder「食育コンテンツ」の制作、監修を行いました食育推進団体イートライトジャパン、食育実践ジャーナリストの安武郁子と、イートライトサポーターの椎名美佳さんが講師として進めてまいります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イートライトサポーターの椎名美佳さんは、
食育支援歯科として医院をあげて食育に取り組まれているひかり歯科クリニック(千葉)にて、食育部門を立ち上げられた管理栄養士さんです。DXfinder「食育コンテンツ」をサービス開始早々から院内でご活用いただいた経験も生かしていただき、イートライトメンバーとして一緒に歯科から食育に取り組むために必要なカリキュラムの構築にお力添えいただいております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらのカリキュラムを数名の歯科医の先生方に見ていただきましたところ、

・地方で1Dayセミナーという形で2回ほどで終わるようにはできないか?
・医院ごとにも対応できるといい
・月に2回はできないか?
・宿泊でのセミナーはどうか?
などのご意見をいただきました。

確かに、セミナー開催地は重要ですよね。
ご要望あれば、我々が出向き、1回3時間のセミナーを
1Dayであったり、ご要望に応じてカスタマイズしての開催も可能です。

お近くの地域の医院さんが集まっての開催など、
地域に応じた、様々なご意見をお待ちしております。

歯科だからこその「食育」を
「よい食べ方」を各地域で、
各医院さんの個性に応じた食育支援歯科の充実を目指していきたいと思っております。

食育実践ジャーナリスト
安武郁子


歯科から食育 | コメント:(0)
「食育支援歯科」認定医院限定の食育ワークショップを開催しました。

ワークショップ15

開催に先駆け、ご参加の医院様には
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・現時点での院内における食育の取り組み
・今後のビジョン、目指すゴール
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こちらを事前にご提出いただきました。
各医院さんの今後のビジョン、目指すゴールをシェアさせていただくことで
食育ワークショップがより有意義なものとなりますよう、準備を整えました。

また、食生活ヒアリングシートも参加者全員にご記入いただきました。
(これが宿題です)
 ヒアリングシート


ワークショップは、
輪になってのお互いの顔が見れるように。
ワークショップ1

お口直しのスナックもご用意し、
リラックスモードでスタートしました。
おやつ 

司会進行は私、安武郁子が担当させていただきました。
ワークショップ2 


各医院の皆様に3分ほどお話しをいただき
ワークショップ12 


歯科から食育を行う上でのポイントを改めておさらい
伝えるポイント 

まずは、ハヤシデンタルオフィスの林奏子さんに医院でのお取り組みなどをお話しいただき、
カウンセリングについて詳しくご説明いただきました。
ワークショップ13

ここで、皆さんにご持参いただいた「食生活カウンセリングシート」を使用
ヒアリングシート 

各自、カンセリングシートを交換して
カウンセリングの開始です
ワークショップ10 ワークショップ9ワークショップ7ワークショップ6


各自カウンセリングを「する側」「される側」を経て、感想をシェア
ワークショップ11 ワークショップ4

日頃は患者さんに書いてもらう側。
カウンセリングする側。
それを今回経験したこと自体に、大きな学びがあったというご意見を多く、
他の医院さんの取り組みについても互いに情報交換もできて有意義だったと
ご感想をいただくことができました。

皆さんの感想をお聞きし、林さんより総評。
ワークショップ3 

お時間に限りがあるため、もっともっと、、、とご参加者の皆様同様に思うところも多々ありましたが、皆さんにご参加いただきお陰様で東京会場でのワークショップも開催することができました。

多くの皆様に「引き続きこのような機会を設けて欲しい」とのご意見もいただき、
皆さんの歯科から食育のお役に立てるような機会をこれからも企画していきたいと思います。

ご参加いただきました皆さん、ありがとうございました。

食育実践ジャーナリスト
安武郁子










講演・研修等のダイジェスト(シェア) | コメント:(0)
9月の名古屋会場よりスタートしました
大阪のハヤシデンタルオフィスの林毅先生による
「食育ドクターセミナー」が10月15日に東京で開催されました。

食育は予防歯科の礎
噛むことの大切さとその治療について
食育ドクターセミナータイトル 

当日は冷たい雨が降り続く東京でしたが、
東京会場も満席。
東京会場 

臨床を交え、食質の変化による口腔内の変化、
食質や食べ方が変わると、歯石などのつき方も変わる
虫歯を治すだけにとどまるのではなく、虫歯になった理由を考える・・
なぜ、磨き残しがあるのか?歯ブラシ指導にとどまらず、
原因として食べ方(噛み合わせ)をみていく、、
林先生講演 

なぜ、そうなったのか?
なぜ、そこに磨き残しがあるのか?

食生活カウンセリングからも見えてくる原因、要因。
伝えるポイント 
歯科から食育のカウンセリングのポイントを踏まえ、
患者さんの声に耳をすますことで見えてくること。
また、カウンセリングを通じて患者さん自身が気づくことも多く、
口腔内の改善を自分ごととして受け止め、患者さん自らが主体となって改善していく姿勢へと変化していくのもこのカウンセリング次第です。

カウンセリングにより見えてきた改善点に応じて、必要と思われる
食育コンテンツの活用方法や渡すタイミング、、、

個々に異なる「食と予防」が明確になることで、
歯科としての役割、世代ごとに必要な機能回復も明確になるということなど、
林先生の25年に渡る食育の取り組みがぎゅっと詰まった90分の講演でした。

林先生のバトンを受け、
「歯科から食育は最良の幼児教育」というタイトルで
食育実践ジャーナリスト安武郁子が講演。

食が選べることの大切さ、幼少期からの食事のマナーも咬合育成に繋がっていること、
また改めて「歯科から食育」の捉え方を確認し、共有いただき、
今の時代に求められる食育(eat right=良い食べ方)
今後生き抜いていくために必要なを通じた「キッズインザキッチン」など、食育実践によって得られたエビデンスを交えお話しさせていただきました。
食選 

次は、11月12日大阪会場です!
皆さんのご来場お待ちしております。
http://dentalx.jp/04event/semminer/new/syokuiku_hayashidc/17nto.html

ーーーーーー
具体的な取り組みをセミナー終了後の「食育ワークショップ」にて、歯科から食育のカウンセリングに取り組みました。

講演・研修等のダイジェスト(シェア) | コメント:(0)
「オカアサンハヤスメ」
いったい、誰が言い始めたんだろう?と、
ふっと、昨夜オムライスを作りながら思いました。 

「オカアサンハヤスメ」は、悪い食事、良くない食事を表す標語
良くない食事と言われるお料理の頭文字を並べて作られています。
ーーーーーーーーーーーー
…オムライス
…カレーライス
…アイスクリーム
サン…サンドイッチ
…ハンバーグ
…ヤキソバ
…スパゲッティー
…メダマヤキ
ーーーーーーーーーーーー

悪い食事、良くない食事の理由として:
子どもに人気だが、噛みごたえが少なく、
カロリーが高くなりがちなメニュー
調理の手間も少ない、作る側が楽、手抜き料理、、 と、、

この標語、食育セミナーなどでよく話題に出てきますよね。
聴いた人が「なるほど〜」と、リレーしていく。
こうして、これらのメニューを否定的に伝える人や記事が増える。

しかし、このような記事を見かけるたびに
「日常的にお料理をしている人なのか?」と疑問に思っていました。
実際に子育てや料理が日常の人は、このメニューを否定的には言わないんじゃないか?と。

まずは、
子どもに人気のメニューは、有難いです。
好きなメニューはパクパクと子どもは食べます。
「早く食べなさい!」「ちゃんと食べて!」って言わなくていいんです。

子どもが残さず食べるように、、、と、苦労してる人多いですよね・・😓
好きなメニューはキレイに食べます。
「キレイに食べたねー」って褒めてあげれたら、
子どもは嬉しくって食べることが好きになります。

だから、これは
作っていいんじゃない!っというのが私の意見です。

☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o
要は噛みごたえがあるように食材を選び、
切り方を工夫すること!
オススメは「噛みごたえある オカアサンハヤスメ」
☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o

カロリーが高くなりがち?
家庭で手作りですから、
外食に比べたら油の量も、調味料の量も調整できます。
何を使って(どんな材料で)調理したか、
材料が見えることこそ、安心ではないでしょうか?


調理の手間も少ない? 作る側が楽?  手抜き料理?
これらのメニューは家庭によって調理の差が結構あるのではないでしょうか?
これが楽だと思うご家庭の作り方を聞いてみたいです。


例えばオムライス
オムライス材料 
人参も大きめに、お肉もゴロっと飲み込めない大きさに切り、
玉ねぎやピーマンもたっぷり!
オムライス具材炒め 
オムライス具材 

ご飯には普段から18種類ほどの雑穀を混ぜているので豆も入っていて、噛めごたえあります。
18雑穀米 
具材とごはんを合わせて炒めて、玉子で包む。
材料を切るのに結構手間がかかりますが、色んなお野菜が食べれて満足するんです。
予め食材を切っておいて、帰宅したら炒めるだけにしていた時もありました。

カレーの時には、季節に応じて旬の野菜や
レンコンや豆も加えます。
歯ごたえがあって美味しいですよー。

焼きそばは、キャベツ半玉は使用します。お肉をキャベツの上に置いて蒸し焼きにすることで差水することもなくキャベツからの水分がたっぷり!
人参、ピーマン、玉ねぎの他にも冷蔵庫にある野菜をたっぷり使います。

サンドイッチも、
これはハンバーガーですが、バンズにチーズ、サラダ、トマト、ハンバーグ、、と、私は材料を用意するだけ。
あとは、自分で好きなように挟み、味付けしていただきます。
食卓で各自で仕上げるので、小さい時は「自分で作った」という気分にもなれて、喜んでました。
ハンバーガー 

子どもが好きなメニューで、食欲が湧いて、
多くの食材をしっかり食べてくれることは何よりの喜びです。

形式にとらわれず、色んな材料を使って、美味しく、楽しく食べてくれることが大切ではないでしょうか。

働きながら子育てしている時、こうしたワンプレート料理が活躍しました!
(またこれも「ワンプレート料理は三角食べができなくなるからダメ!」という意見もありますが、、😓 色んな日があっていいと思います。毎日のことですから。)

ちなみに、3箇所に区切りがあるプレートは特に大活躍しました。
お子様ランチのように盛り付けると子どもも喜んでくれました。

子育てはイメージや理想だけだけでは語れません。
日々の実践の中から、知恵やヒントが生まれます。

もっと楽しく、笑顔で子育てが出来ますように!
ちょっとした知恵と工夫で、子どもが好き嫌いなく、しっかり食べてくれると、作る側も楽しくなるし、子どもとの食卓もがもっと楽しくなります!

まずは「ちゃんと食べる習慣づくり」が大切。
子どもに食べさせることが苦痛にならないように。
子どもが食べることを苦痛に思わないように。
親が作ることが苦痛にならないように。

今足りないのは心の栄養。楽しく一緒に食べる食卓。
栄養のバランスも大切ですが、どう食べるか?食べ方が大切。

アイスやお菓子も食べるタイミングです。
ダラダラ食べせず、時間を決めて美味しく食べること。

♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪

私の経験から「オカアサンハヤスメ」は、
休みのない子育てに、「お母さん休んでいいよ!」と、
「お母さんは休め」になる夢のようなメニューだったということ。

どういうことかというと、、

これらのメニューは、子どもも一緒に調理参加(お手伝い)しやすく、覚えやすいので、子どもが一人でも作れるようになります!
(もちろん、お料理の経験が少ない人、お料理が苦手な人もすぐに作れるメニュー。)

すると、このメニューを作ってくれるようになるんです!
お陰で「お母さん休め」になるんです(笑)

実際に、お母さんが一息つける日が早くくるんです!!
素敵だと思いませんか〜✨


これは、
オムライス 
私が仕事で帰りが遅い時に娘が(中学生の時に)作ってくれていたオムライス。
薄焼き卵をめくると、ゴロゴロと賽の目切りの食材がたくさん!!
一生懸命、切ったんだな〜と、切っている姿を想像しながら噛み締めて、美味しくいただきました。

これは、
誕生日テーブル 
私のお誕生日の時に、ちょっとアレンジして作ってくれたオムライス風のドリア
オムライスドリア 

こうして、子どもが自ら作ってくれる日がくるんです💗

やったことは返ってきます。

子どもの手料理はどんな高級料理にも勝る!
舌と心で味わう味。特に心で味わう味が深いです。
言葉では言い表せません。
がんばったご褒美だなぁ〜と
嬉しかったです💗

 ♪*゜・ □ *゜・ □*゜・ □ *゜・ ♪*゜・ □ *゜・ □*゜・

eat right!(食育)は日々の積み重ね。
毎日毎日のこと。

かけがえのない子育て期
大変と思うことが日常たくさんあると思いますが、
あっという間です。
本当に限られた時間です。
今しかできないこと、今しか見れないこと、
子どもの成長を楽しんで、
頑張らず、顔晴れますように💗

今日もお仕事ご苦労様!
疲れが吹っ飛んでいくくらい
笑顔いっぱいの食卓になりますように!!


食育実践ジャーナリスト
安武郁子






心を育む「食」 | コメント:(2)
おすすめの図書:
歯科医療イノベーション
医療と経営、どちらもsmartになれば、患者とスタッフどちらもhappyに。
っと、帯に書かれた「歯科医療スマート化ガイドブック2nd」が今月10月11日に発売されました。
表紙 

「経営」と書かれていますが、
今現在、歯科に関わる(関わりたい)管理栄養士さんも数多くいらっしゃる時代、ぜひ、歯科で働く歯科衛生士さんはもちろんのこと、管理栄養士さんや予防、健康管理に携わる皆さんに読んでいただきたい一冊です。

何と言っても、ページを開いて目に入ってくるのが、
歯科で活躍される女性の笑顔、キラキラとした働く姿が印象的です。
スマートブックつじむら歯科 
※つじむら歯科医院様のページより

「歯科医療だからできる健康サポートを(つじむら医院様のページより)」など、
スマートブックより
ここまで歯科での健康医療が実際に行われていることや、
歯科衛生士という職業がどれほど大きな可能性があるか?など、
未来がパッと明るくなるお話しがギュと詰まっています。

*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*
さらに、
食育推進団体イートライトジャパンの掲載もございます。
スマートブック2 

食育推進団体イートライトジャパンは食育ジャーナリスト砂田登志子の50年に渡る食育活動を継承し、伝承する団体として設立しました。
この継承活動にご賛同いただきました株式会社プラネットの小池和人社長のお力添えもあり、
食育ジャーナリスト砂田登志子のこれまでの尽力をここに掲載させていただくことができました。
ありがとうございます。
スマートブック4 

また、歯科のスマート経営の推進を20年に渡り取り組み、
歯科業界にイノベーションを起こしてきた株式会社プラネット社と共同制作しました「食育支援システムDentalLife」について。
「食育支援システムDentalLife」の活用とともに、食育を歯科にどう浸透させ、「歯科から食育」をスタンダードにしていくか?などの執筆させていただきました。
スマートブック3 

また、これからイートライトジャパンがめざすこともしっかりと掲載いただいております。
スマートブック1

この未来地図をしっかりと歩み、近い未来に実現していきたいと思います。

すでに食育支援歯科ご登録の医院さんもたくさん掲載されています。
今後も、地域の方が歯医者選びに悩まず、一生のパートナーとなる歯医者さんとのご縁がとり持てるように、食育支援歯科が全国に広がるよう努めていきたいと思います。
早期よりご登録いただいております食育支援歯科の皆様、ご賛同に心から感謝申し上げます。

他にも株式会社プラネットで取り組まれているファーム事業のご紹介など、IT企業が農業に取り組んだことで社員に見られた変化など、食育実践が心の豊かさをもたらすことを感じ取ることができました。
スマートブック5

私たち人間は、知っている情報や知識の中から未来を描きます。
知っているか、知らないかで、未来は大きく変わります。
今すでにここまで来ている歯科医療、予防歯科、健康歯科、食育歯科、、
まずは、「知ってみる」。
ぜひ、お手にとってみてください。

ご購入はシエン社HPより
http://www.shien.co.jp/act/d.do?id=8470






おすすめ食育図書 | コメント:(0)
 | ホーム |